トップページ > 興信所とは

興信所とは

さまざまな調査を行うところというイメージがある興信所。この興信所とはいったいどのようなものなのでしょうか。

まず基本となるのが民間の機関であるということ。公的な機関ではありませんから、調査なども法律の範囲内で行う必要があるということです。興信所だからといって、あるいは興信所に働いているからといって特別な資格や権限を持っているというわけではありません。盗撮や盗聴が禁じられているのはもちろんのこと、無断で証拠品を押収したり持ち去ったりすることもできません。

また、興信所を経営するのに特別な資格などが必要というわけではないため、中には悪質な業者の存在しています。依頼者や調査対象者のプライベートに踏み込む調査も多いだけに、あとになって脅迫まがいに高額な費用を請求してくるといったケースもあるのです。

ただ、民間による素人の経営というわけではなく、弁護士などの専門家を置いている場合もあります。調査内容に法律上のトラブルなどが関わってくる場合に相談やアドバイスに応じるといった業務を行っているところも多いのです。とくに浮気調査や離婚訴訟の証拠集めの仕事の際には弁護士が必要になるケースも多くなっています。

調査の対象は個人がメインですが、企業に対しても行われることもあります。信用や財産、経営状況などです。内密な調査がほとんどですが、あくまで法律の範囲内で行う必要が出てくるだけに興信所や調査員の腕によって結果が大きく左右してしまうことも多くなります。

情報が伝わらず、よくわからない印象もある興信所。このような環境で業務を行っているのです。

関連エントリー
興信所とは
興信所への相談
興信所を探す際の注意点
興信所のチェック方法
興信所の調査内容
興信所の料金について
興信所の調査力
興信所との契約について
興信所の業務について
興信所と探偵の違い