トップページ > 興信所と探偵の違い

興信所と探偵の違い

よく疑問に思われることが多いのが興信所と探偵の違いです。どちらも同じようなイメージがありますが、実際にどのような違いがあるのでしょうか。

どちらも調査をおもな業務としていますが、もともとは調査対象の違いから名称が分けられていました。つまり、探偵は浮気調査や結婚調査、人探しといったおもに個人を対象にした調査を行います。一方、興信所は企業の信用調査や個人の信用調査、あるいは市場調査や雇用調査など経済に関わる調査に携わっていました。

しかし、現在では興信所でも人探しや素行調査を行っており、両者の区別はほとんどつかなくなっている状況です。

ただ、まったく同じものとなったわけではなく、重視している業務によって興信所と探偵事務所の名称を使い分けているケースが多いようです。たとえばさまざまなデータのリサーチや総合調査などはもっぱら興信所で行われており、探偵事務所では行われていません。たま、「探偵」という言葉には犯罪調査と関わっているイメージが強く、尾行や張り込み、聞き込みといった行為が伴う調査をメインに行っているところが探偵事務所を名乗るケースが多いようです。

また、調査方法にも違いが見られることがあります。上に述べたように探偵事務所は聞き込みや尾行といった調査(外観型調査手法)をメインに行い証拠を得るのに対し、興信所は調査対象者に直接コンタクトを取る調査(内観型調査手法)をメインに行い、矛盾点などを改めて調べる方法を行っている傾向があるといわれています。とはいえこの点に関しても現在では興信所と探偵の間で大きな違いはないようです。

このように、両者の違いは主に重視している業務によるものとなっています。依頼する際には依頼内容を考えた上でどちらにするかを判断するとよいでしょう。

関連エントリー
興信所とは
興信所への相談
興信所を探す際の注意点
興信所のチェック方法
興信所の調査内容
興信所の料金について
興信所の調査力
興信所との契約について
興信所の業務について
興信所と探偵の違い